FC2ブログ

記事一覧

intime-X モニター販売のご案内

 今までの「開発日誌」や昨日のブログでアップしましたように、自粛期間中に弊社が取り組んでまいりました新しい樹脂材料を用いたイヤホン、intimeーX(仮称)のモニター販売について詳細がまとまりました。■本製品販売におけるコンセプト 本製品は弊社で開発してきた新しい樹脂材料を筐体に用いることで、豊かな低域の再現に拘ったものです。中高域はVSTの持つ特性をふんだんに活かしていますので抜けの良さは弊社技術の特徴を踏...

続きを読む

新材料採用イヤホンのモニター販売のご案内

 過去にこのブログに記事を書いてきました「開発日誌」の中でお伝えしてました新しい筐体用樹脂材料「仮称:intimeーX」、試作と評価が完了しました。樹脂筐体だとどうしても低域の量感とスピード感が今一だったのですが、とにかく内部損失の大きな比重の大きい材料を樹脂メーカさんとすったもんだしながら開発して一つの答えを出しました。 まだまだ成型等の効率や歩留まりに課題があるものの、一旦intime碧Lightの筐体金型で成...

続きを読む

開発日誌(3)

 イヤホンの軽量化や価格低減には樹脂製の筐体を用いる必要があります。しかしながらVSTのような固い振動体を支持するにはどうしてもある程度の重量が必要になるというお話しは前回の開発日誌(2)で述べました。セラミックを支持する部材の無駄な振動を抑制することがセラミックを用いたハイブリッドイヤホンには重要になるからです。金属筐体を用いれば質量(重量)という意味で制震することが出来ます。でもそれでは重くなって...

続きを読む

開発日誌(2)

 大阪、東京いずれも新規感染者の数が減ってきているようです。39県で非常事態宣言が解除されて、少しずつではありますが新型コロナの件にも光がさしかけて来たように見える今日この頃ではあります。しかしながら政府や自治体に全て任せるのでは無く、我々国民の考え方と行動が未来を決めると思います。しばらくは新型コロナウイルスとの共存を上手くこなせる生活を選択したいですね。 さて今日も自粛の中、開発日誌(2)を書き...

続きを読む

イヤホンの評価って。。。

 過去、弊社のASSYミーティングに参加された方々に、ご自身の作られたイヤホンの周波数特性を測定して差し上げたことがあります。参加された方々はおわかりだと思いますが、その特性は創作された最後の最後に測定して後日メールでお送りするという仕組みです。 みなさんASSYミーティングではご自身のお好みの音を作られて大枠は満足して帰宅されます。果たしてミーティングの帰り道で聞かれているのか、はたまた自宅に帰って聞か...

続きを読む