FC2ブログ

記事一覧

イヤホンの周波数特性について(1)

 先日はintime-Xのモニター募集に多くの方々からお申し込みを頂きありがとうございます。現在コロナの影響で部材の入荷がやや遅れており、スタッフ一同手をこまねいている状況です。 このintimeーX、以前のブログで書かせて頂きましたが、製品的には今回のモニター販売の製品限りになるモデルです。弊社的にはここで開発したこの筐体材料を次、あるいはその次の新製品に搭載したいという狙いがありまして、今回はユーザーの方々...

続きを読む

2.5mm と4.4mm

 本日、intimeーXの当選発表メールが当選された方に送付されていることと思います。抽選は乱数を用いて行っているので本当に神のみぞ知ると言ったところです。イヤホンを無償でプレゼントするという企画ではなく弊社の場合は有償イヤホンですし、さらにバランス接続のようにスマホ非対応のプラグが募集数の70%以上を占めることなどもあり。何万件もの募集があったわけではありません。でもそれなりの競争率になりましたよ(過去最...

続きを読む

開発日誌(3)

 イヤホンの軽量化や価格低減には樹脂製の筐体を用いる必要があります。しかしながらVSTのような固い振動体を支持するにはどうしてもある程度の重量が必要になるというお話しは前回の開発日誌(2)で述べました。セラミックを支持する部材の無駄な振動を抑制することがセラミックを用いたハイブリッドイヤホンには重要になるからです。金属筐体を用いれば質量(重量)という意味で制震することが出来ます。でもそれでは重くなって...

続きを読む

開発日誌(2)

 大阪、東京いずれも新規感染者の数が減ってきているようです。39県で非常事態宣言が解除されて、少しずつではありますが新型コロナの件にも光がさしかけて来たように見える今日この頃ではあります。しかしながら政府や自治体に全て任せるのでは無く、我々国民の考え方と行動が未来を決めると思います。しばらくは新型コロナウイルスとの共存を上手くこなせる生活を選択したいですね。 さて今日も自粛の中、開発日誌(2)を書き...

続きを読む

イヤホンの評価って。。。

 過去、弊社のASSYミーティングに参加された方々に、ご自身の作られたイヤホンの周波数特性を測定して差し上げたことがあります。参加された方々はおわかりだと思いますが、その特性は創作された最後の最後に測定して後日メールでお送りするという仕組みです。 みなさんASSYミーティングではご自身のお好みの音を作られて大枠は満足して帰宅されます。果たしてミーティングの帰り道で聞かれているのか、はたまた自宅に帰って聞か...

続きを読む